医療のサポート役として|人気が高まる心理カウンセラーになるには|メキメキと伸びる需要

人気が高まる心理カウンセラーになるには|メキメキと伸びる需要

医療のサポート役として

ナース

患者と直に触れ合う

医療施設では医師が様々な病気や怪我を予防・治療のため、日々患者の診察を行っています。医師の元では色々な分野の専門スタッフが働いていますが、その中でも看護士は医師の指示に従い患者と直に触れ合いながら相談や世話を行い、命に係わる医療のサポート役として活躍しています。看護士の資格を取得するには、高等学校の普通科、または看護科を卒業した後、看護大学や看護短大、専門学校で学習します。卒業後、国家試験を受験し合格すると看護士の資格を得られます。看護士は在学中に医療の分野を問わず学んでいるので、何科に配属されても困ることはありません。また准看護士も同じですが資格を取ってから就職すると研修期間はなく、すぐに即戦力として働くことになります。

チームワークが大切

病院や診療所などの医療機関内で働く看護士は、基本的に医師の補助役ではありますが、現在では医師やその他の医療スタッフとともにチームを組んで、それぞれの立場で意見交換をしながら患者の治療やケアを行うという「チーム医療」の考えに基づいて活躍しています。そのため、看護士は養成校である看護学校在学中から、講義や資格試験、実習の他に、チームワークの大切さもをしっかりと学びます。また、看護士の仕事は患者との信頼関係の上に成り立っている仕事ですから、まずは自分自身が心身ともに健康でいなければなりません。そうでなければ人の健康を守ることはできません。在学中からそのことを肝に銘じ、しっかりと自分の体調管理をしていくことが大切です。