機能回復の援助を行う|人気が高まる心理カウンセラーになるには|メキメキと伸びる需要

人気が高まる心理カウンセラーになるには|メキメキと伸びる需要

機能回復の援助を行う

男女

国家資格が必要

理学療法士は、ケガや病気によって身体に障害が起きた人に対し医師の指示を受けてリハビリテーションを行い、運動機能を回復するように導く仕事です。リハビリは、身体の構造や機能を熟知していなければかえって悪影響となりかねません。そのため、理学療法士になるには国がその能力を認めたという証である国家資格が必要です。なお、同じリハビリに関わる仕事に「作業療法士」があり、よく混同されます。作業療法士も理学療法士同様国家資格が必要ですが、その役割は違います。理学療法士は、「歩く」「座る」「立つ」といった身体の基本的な機能を回復させるという特徴があり、一方作業療法士は、それよりさらに細かい機能である指や関節などを動かして「箸を使う」「手で物つかむ」などの日常生活を正常に行うように導くという特徴があるのです。

高齢化社会で需要が高い

理学療法士の活躍の場は、主に病院があげられます。しかし高齢化社会が進行し、現在は病院だけでなく福祉施設や医療福祉中間施設など活躍の場が広がり、その需要は年々高まっています。こうした現状から理学療法士を目指す人も増え、医療系職業として高い人気を集めています。国家資格が必要な理学療法士になるには、養成課程がある大学かもしくは短大・専門学校で学ぶことが必須です。なお、大学の課程は4年間、短大・専門学校は3年間となっています。そのためできるだけ早く理学療法士になりたい場合は、短大・専門学校を選択するとよいでしょう。特に専門学校は実習施設が充実しているところが多く、また国家資格の合格を目指すカリキュラムがしっかり組み込まれていることから高い人気です。また、専門学校では夜間学部を設置しているところがあり、社会人で仕事や家庭を持つ人でも通いやすくなっています。