人気が高まる心理カウンセラーになるには|メキメキと伸びる需要

機能回復の援助を行う

男女

理学療法士は運動機能に障害が起こった人に対し、リハビリを行い機能回復を助ける国家資格を持つ仕事です。理学療法士は歩く・座る・立つ等の基本的な機能の回復の援助という特徴があります。この理学療法士になるには養成課程のある大学か短大・専門学校で学ぶ必要があります。中でも施設と国家資格合格課程が充実した専門学校が人気です。

More Detail

医療のサポート役として

ナース

看護士の資格取得のためには、看護大学などの専門校で学びます。学校では、座学の他にも実習もあり、国家試験に合格できる力をきちんと身につけられます。また、医療の現場では、周りのスタッフとの連携が重要になります。在学中はこうしたチームワークも学んでいきます。

More Detail

求められる人材へ

白衣の人

群馬県には医療関係者となりたい方に選ばれている太田医療技術専門学校があります。徹底した基礎学習を推奨し、能力の底上げを図るカリキュラムがポイントです。もちろん応用力や人間力も身に付くので即活躍できる力が身につきます。

More Detail

資格を持って活動しよう

女の人

心理学関連の資格を持つ

心理カウンセラーになるには、心理学関連の資格を取得して活動するのが手っ取り早い方法です。心理学関連の資格で今のところ一番レベルの高い資格は臨床心理士です。その資格を持っていれば心理カウンセラーとして活動することができます。といいましても心理カウンセラーになるには、現段階では必ずしも資格が必要となるわけではなく、資格を持たない人でも活動していることがあるので、資格を取るための勉強する時間が取れないが心理カウンセラーとして人の役に立ちたいと思い、活動しようとするのであれば可能なのです。しかし、今後心理学関連の資格に国家資格が誕生します。その国家資格は公認心理師というものなのですが、それが誕生すれば資格のない人の活動は難しくなるかもしれません。心理カウンセラーになるには、資格を持つことが良い方法となります。

今後の可能性

現段階では、心理カウンセラーは資格を有しなくても職として活動することができ、心理学関連の資格を持っていなくても非営利団体を立ち上げて心理カウンセラーとして働いている人も存在しています。しかし、今後心理カウンセラーになるには資格を持たなければならなくなる可能性が高くなるため、資格を持っていない人は気を付けなければなりません。資格を持っていない人の中には心理学の知識を持たずにカウンセリングを行ない、洗脳させるかのような仕方でお金を取るものも存在しています。そのような詐欺的な活動をするものを取り締まるためにも、今後は資格を有しなければ心理カウンセラーとして活動するには厳しくなるかもしれません。臨床心理士や公認心理師でなくても、大学で必要単位を取得して得られる認定心理士や、セミナーに通って取得できる産業カウンセラーという資格もあるので、活動するなら取得するほうが良いかもしれません。メキメキと伸びる需要に注目しましょう。